リハビリテーション

現在理学療法士3名、作業療法士1名、言語聴覚士1名、計5名で入院患者様へのリハビリテーションを提供しています。

 

理学療法(Physical Therapy)

身体に障害のある方に対し、基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行わせ、電気刺激・マッサージ・温熱・その他物理的手段を加えることをいいます。

理学療法士は、寝返り・起き上がり・座位・立ち上がり・歩行などを専門とします。

 

 

 

 

 

 

作業療法(Occupational Therapy

作業に焦点を当てた治療、指導、援助のことをいいます。作業療法士は、応用的動作(食事やトイレ、家事動作など)や社会的適応能力(就労・就学や地域活動への参加)を専門とします。

 

 

 

 

 

 

 

言語聴覚療法(Speech Language Hearing Therapy)

音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある方に対して、その機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことをいいます。

言語聴覚士は、食事や言語障害、高次脳機能障害などを専門とします。

 

 

 

 

 

 

当院のリハビリテーションについて

急性期から慢性期にかけて患者様お一人お一人に合わせたリハビリテーションを行い、退院に向けて多職種で連携しています。

また、週に1度リハビリテーションカンファレンスを実施しており、患者様の今後の方針を決定していきます。

 

必要に応じてご自宅へ伺い、実際の動作確認や、福祉用具・住宅改修のアドバイスをすることも行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

透析を行っていない患者様のリハビリテーションも行います

 

当院では透析療法を実施しておりますが、透析療法実施の有無にかかわらず、リハビリテーションが必要な患者様の受け入れを行っております。

 

整形外科疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患、その他の疾患による廃用症候群などの患者様が対象となります。

 

 

保有資格・活動

 

・認定理学療法士2名

(運動器・循環器)

・三学会合同呼吸療法認定士1名

・心臓リハビリテーション指導士1名

・地域ケア会議推進リーダー1名

・介護予防推進リーダー1名

・介護認定員1名

(重複あり)

 

疾患別リハビリテーション料

・運動器リハビリテーション料Ⅱ

・呼吸器リハビリテーション料Ⅰ

・脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅱ

・廃用症候群リハビリテーション料Ⅱ

・がん患者リハビリテーション料

 

 

お問い合わせ

ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

リハビリテーション料 内線:601